×

CATEGORY

ホーム»  キャバ嬢が鬱になる理由

キャバ嬢が鬱になる理由

人の話を聞くことはストレスがかかること

キャバクラでもクラブでも、主な仕事はお客様のお話を聞くことです。
しかし、話を聞くトレーニングを受けたことのある人は少ないと思います。その上、相手はお酒を飲んでいる酔っ払いですから、なおさら大変です。
鬱病になってしまう人は真面目な人が多く、相手の話を受け止めてしまいがちなのです。

営業スマイルは心を病ませる

笑うという行為は気持ちを明るくさせる効果があります。
しかし、誰かに強制された場合は逆効果です。
夜の世界で働いている方はプライベートでどんなに嫌なことがあっても、お店に出たら笑顔でいなければなりません。
笑顔が強制されている状態になりますので、心が病みやすくなってしまうのです。

夜と昼との逆転生活

夜の商売に限らず、夜勤をしている人と鬱病のリスクに関する論文はいくつもあります。
朝日を浴びるタイミングが気分に関係しているため、体内時計が狂ってしまい鬱病リスクを高めてしまいます。

LINE

LINEからもお気軽にご連絡ください。

CONTENTS

CATEGORY